(47): ベジタリアン&ビーガン食レストラン @ Living Kitchen

どうもどうも、ごぶさたです。

今年の春も、ノースカロライナらしかったですね。

桜が満開になったと思ったら雪が降り、
夏のような陽気になったかと思ったらまた氷点下、
はたまた大雨で洪水警報が出たり…と。

ようやくここ数日で気温が落ち着きつつあるかな?という感じ。

ノースカロライナ特有、灼熱の暑い夏が苦手なので、夏到来前の今が過ごしやすくてちょうど良いかも?ですね。

さて、トライアングルエリアのB級グルメ探検をテーマにスタートしたこのコラムですが、今日はちょっと洗練された感じのレストランへ行ってみましょうか。

シャーロットを始め、ラーレー、チャペルヒルに店舗を展開しているベジタリアン&ビーガン食レストラン「Living Kitchen」。

お店で提供する料理、デザートの食材はすべてオーガニック、また、動物性食材は一切不使用とのこと。

卵や乳製品も口にしない完全菜食主義者(ビーガン)も、安心して食事ができるというお店なんですね。

image1_2

こちらはチャペルヒル店。Whole Foodsのすぐ側にできたコンドの一階。
天井が高くて日光が降り注ぐ明るい店内。 (c) Fujiko

ちなみに、炭水化物の使用も極力抑えているのが特徴で。

例えば、

お米を使う料理には、砕いたカリフラワーやサツマイモ、キヌア、チアシードを代用したり、

サンドイッチのパンの部分には、グルテンフリーのサワードウや、カラードグリーンの葉っぱ(!)、ピザの生地は蕎麦粉etc、タイ風焼きそばのパッタイの麺は、ズッキーニとサツマイモをくるくる細長く麺状にしたもの、などなど。

デザートやラテも、勿論卵や牛乳を使わず、ヘンプミルク、ココナツミルク、アーモンドミルク、カシューナッツクリームなどで代用する徹底ぶり。

軽めのランチということで、富士子ちゃんは気になるお寿司を注文。

image2

オレンジ色サツマイモをおそらくフードプロセッサーにかけたものがお米代わり。
生なので、ぼそぼそした食感。具はアボカド、赤ピーマン、きゅうり、ルッコラの葉。
甘いソースが付いてきます。ちなみにお値段$9.5。 (c) Fujiko

食後は、抹茶ラテとタートルケーキ。

image4

ほっと一息。。抹茶風味の優しいお味です。 (c) Fujiko

image3

これ全部、植物性の材料で出来ているというのが面白いな。しっとりとして甘すぎず、
ペースト状になったナッツとチョコレートの風味が味わえて美味しい。こちらも$9.5。 (c) Fujiko

ということで、ランチに上記の3品でチップを入れ、お代は軽く30ドル以上しました。ちょっと高いね。

まぁ、コンセプトがはっきりしていて良い食材を使っているから、このお値段でも妥当なのかな?

意識高い系のチャペルヒリアンには受けているようで、いつ通りがかっても割とお客さんが入ってます。

総評: ザ・トライアングルエリアだからこそ経営が成り立つレストラン。

健康志向、ビーガン食に興味がある方はぜひ。

Living Kitchen

201 South Elliott Rd
Chapel Hill NC 27514

555 Fayetteville St
Raleigh NC 27601

2000 South Blvd
Charlotte NC 28203

4521 Sharon Rd
Charlotte NC 28211

(48): 友人のピンフさん、つばきラーメンへ行くの巻

皆さま、ごきげんよう。

今回は、富士子ちゃんのお友達のピンフさんからの情報でーす。

グルメ通のご夫妻が、巷で有名なラーメン屋さんへ。さてさて、どんな感想を抱いたのでしょうか…?

…………

週末、奥さんと一緒にフェイアットビルにあるつばきラーメンさんに行ってみました!

僕たちは醤油ラーメンと塩ラーメンを注文しました。

お値段は 醤油ラーメンが$8.20で、塩ラーメンが$8.75。良心的な価格だよね。

image1-1

チャーシューはデフォルト鳥なので、豚チャーシューを希望する場合は、
豚バラ(pork belly)と言って欲しいとのこと。 (c) Fujiko

 

麺は少し細めで真っ直ぐな、いわゆる九州ラーメン系。博多麺に近いから豚骨と相性がいいかも。

僕には好みの麺だったけれど、 縮れ麺派の奧さんは、正直なところスープ満足、麺イマイチとの判定。

縮れ麺派の方には、もちもちツルツルした噛み応えがないと少々物足りなく思えるのかもしれないね。だけど、本格的な手打ち麺で、僕は大満足しました。

おまけに、メニューにない替玉やラーメンライスも注文できたのは嬉しい驚き!
ちなみに替え玉というのは博多ラーメン用語。大盛りだと食べている間に麺が伸びてしまうけど、替え玉だと食べ終わった頃に茹で立てが追加で運ばれてくるんですよ。

日本人女性がサーバーをしていたので対応可能だったのかもしれないけれど、ラッキーでした。

unnamed

替え玉とライスを同時に頼むとちょっとキツイので要注意。 (c) Fujiko

 

餃子も普通に美味しかったし(普通に美味しいというのは、この地ではかなりの褒め言葉!)、百点満点で90点でした。

やっと、まともなラーメン屋がNCに来た!

 

RAMEN TSUBAKI

508 N McPherson Church Rd
Fayetteville NC 28303

ネパールレストラン @ Cary

@PIC
@PIC
@PIC

初めてネパールレストランへ行きました。

メニューの表紙にサービスが遅い理由が色々書いてあるのにはちょっと笑ってしまいましたが、まずショウガたっぷりの暖かい飲み物が出たのにはびっくり。

アペタイザーのカリフラワーフライもナスとエビのカレーも美味しかったです♬

時間に余裕があるときにまた行こうかな😁

Himalayan Nepali Cuisine

レストラン @ The Mayton Inn

@PIC

これも先月の話ですが、地元のダウンタウンにあるMayton Innにあるレストランへ行きました。

量が控えめでしたが、結構美味しかったですよ〜♬ 

すぐ近くの公園で薄暗い中ピンポンゲームをして反射神経や動体視力の衰えを感じてきました😅

チェスやサッカーゲームなども用具が揃っていて誰でも遊べるようになっていることがようやく判明しました😁

The Mayton Inn

M Sushi @ Durham

富士子ちゃんの記事を読んだ方が(R子さん)M Sushi へ行ってきました!と写真付きで、記事を送ってくれました。

パーティーシーズンは混んでいるかもしれませんが、是非是非行ってみたいですね〜!ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お勧めの気になっていたM Sushi、だんなの誕生日祝いを口実に先週の土曜日行ってきました。

美味しかったですね。

(c) Reiko
©
(c) Reiko
©Reiko
(c) Reiko
©Reiko

写真を撮り忘れましたが、デザートの抹茶ティラミスも最高でした。

勿論予約をして行ったのですが、その前にチョッと時間があったので、近くのALLEY 26のバー(ウイスキーが沢山ありますよ!もちろん日本のものもありました)でApple brandy hot toddy を飲みましたが、寒い日は温かいこれ、お勧めです。

(c) Reiko
©Reiko
(c) Reiko
©Reiko

このバーは来年には広げてお食事も出来るようにするとか。

久しぶりのダラムで楽しんだだんなは、生き生きし、次の日あちこち痛かった体が急によくなったようです。

これ本当です!

(23): ダーラム Basan のお料理編

さてさて、前回(22)でご紹介した「バサン」のお寿司に続き、今回はバサンのお料理のご紹介♪

素敵な日本人シェフが二人もいらっしゃるので、これまた安心して注文出来るお料理がいろいろとあるんですー。なんて嬉しい。

日替わり?の先付けを始め、メニューになくてもいろんな注文を受けて下さるんですよ。嬉しいですね(もちろんその際はチップを弾んで下さいね~)

きのことシシトウ尽くしの揚げ出し豆腐 ©Fujiko

紅葉おろし添えの炙り椎茸
生牡蠣!!
お刺身! えんがわも新鮮!
牛肉をちょっと焼いて… ♪

©Fujiko

裏メニュー:お兄さんのトライアングル最強ニンニク3倍増し餃子。仕込みの関係により、ノーマル餃子しか用意できない時もあるそうですので、悪しからず

©Fujiko

裏メニューのハマチのカマ。大根おろしと紅葉おろし、レモンを添えて。化粧塩が綺麗~

©Fujiko

これも裏メニュー。ニンニクをまぶした日本風唐揚げ。アツアツで中はジューシー、皮はサクッと。さすがプロ

Basan: Bull City Sushi
359 Blackwell Street
Suite 220
Durham, NC 27701

(22): Basan バサン

ここ近年、急速に開発が進んでいるダーラム。以前とはすっかり雰囲気が変わり、夜でも気軽に行けるエリアが拡がりつつありますね。

その一つ、ダーラムブルズ・スタジアム周辺。

ここにはオフィスやレストランが入っているアメリカン・タバコキャンパスが隣接している事もあり、昼夜共に賑わいを見せています。

レストラン「バサン」があるのもその界隈。

ここは安心してお寿司を食べられるのでお勧め♪

きちんとした日本人シェフが2人もいらして(高ポイント!!)、特別なルートで仕入れる日本直送の新鮮な魚を使い、美味しいお寿司を握ってくれますよ~。

ではでは、2016年の最初の記事は、大好きなお寿司の写真で飾りましょーう(^-^)

ご覧あーれ。

写真でもお分かりかと思いますが、丁寧に握られているなぁ(^-^)というお寿司。

日本人寿司シェフのお二人(知識豊富なヘッドシェフのトシさんと、イケメンのお兄さん)がとても親切で感じが良く、気持ち良く食事が出来るのも嬉しいのですー。

トライアングルのお寿司屋さんでは軽々と五本指に入るお店ですよ。

Basan: Bull City Sushi
359 Blackwell Street
Suite 220
Durham, NC 27701