(49) アメリカンな冷やし中華!

あつーい!

と、叫びたくなる猛暑日が続く今日この頃。

まだ6月ですが、ノースカロライナ在住の皆さまには暑中お見舞い申し上げます。

なんたって、トロピカルなマイアミの方が涼しいし。。

となると、やっぱり冷やし中華の出番!

夏バテで食欲が落ちていても、冷たい麺類は食べやすいし、たくさんの具が上にのっているから栄養のバランスもそれほど偏らないような気がする。

ちなみに、一般的に私たちが想像する冷やし中華って、

  • 食欲をそそるさっぱりレモンだれ(またはゴマだれ)
  • ツルツルもちもちの冷たい麺
  • 錦糸卵にハム、シソ、キュウリ、翡翠ナス、紅生姜、トマト、ワカメ、など。

でも!

某日本料理店@NC西部の冷やし中華はかなりユニークですよ。

こちら↓

“じゃーん♪”

上から時計回りに、生の人参、中華海藻サラダ、ブロッコリー、もやし、キュウリ、揚げ豆腐、アボカド。

ね? ユニークでしょ?

一瞬「えー?!」と思うけれど、これって多分、アメリカ市場向けに大変身した冷やし中華なんですよ。たぶん(笑)

(手間がかかる)錦糸卵も、ハムもない。=合理的、かつベジタリアン食。

プロテインは揚げ豆腐で補い、アメリカ人には難易度が高いであろうと思われる生ワカメは、甘いタレが絡まっている中華海藻サラダにチェンジ。

ハムを使わないのは、菜食主義者のお客様は勿論、豚肉を食べないユダヤ教徒やイスラム教徒のお客様を意識してのこと。

 想像力をかきたてられながらすすった冷やし中華は、 異国に来た事を感じるお味でございました。ちなみに冨士子ちゃんは、やっぱり日本のオーソドックスな冷やし中華の方がいいなぁ。

(42): チャペルヒルの庶民派イタリアン Magone

富士子ちゃんの長年のお友達、ヒトたま♡と某コンサートの後にアイスクリームデートをした夜。

同じストリップモール内で光を放っていたイタリアンレストランが目につきまして。

外観は庶民派だけど、小綺麗な感じ (c) Fujiko

外観は庶民派だけど、小綺麗な感じ

多分2年前位にオープンしたと思うけど、そういえば一度も行ったことないなーって。

だから行ってみましたー!

フォカッチャはオリーブオイルも美味しい (c) Fujiko

フォカッチャはオリーブオイルも美味しい

まず運ばれてきたのは、イタリアンレストランでは必ず出てくるお通し的なパン。これはフォカッチャですね。

(c) Fujiko

スパゲティもどーん!量、多し!

迷った末にオーダーしたのは、魚介類とトマトのペスカトーレ。

メニューには、パスタはリングイネとありましたが、スパゲッティにしてもらいました (=´∀`

見ての通り、シーフード盛りだくさん!
ブラックタイガーとイカはぷりぷり、クラムとムール貝も良いお味。
トマトのソースもしつこくなく、ガーリックが効いていて美味しーい(^O^)

一つだけ残念なのが、パスタが茹で過ぎな所。

アメリカのイタリアンレストランでは、どうしてパスタを茹ですぎるのかなぁ。時短の為に予め茹でて置くからかな? せっかくの美味しいソースがもったいないなぁ。

まぁ、量が多いので2人で一皿をシェアするか、庶民派のレストランらしく食べきれない分はお持ち帰りするのも良いかも(^з^)

他にも、

白ワインのクラムソースパスタ
イカの悪魔風パスタ
シュリンプ・スカンピ
アーリオオーリオ…と、美味しそうなメニューがたくさんあったので、また行きたいなー^^

Magone Italian Grill & Pizza
1129 Weaver Dairy Rd, Ste F, Chapel Hill, NC 27514

(43): 全米34位のチャイニーズレストラン@カルボロ

富士子ちゃんが何年も前から月1の回数で通う中華料理屋さんが、チャペルヒルの隣町、カルボロにあります。

その名もズバリ、

「グルメ・キングダム」

˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

最近、駐車するのが大変になってきたなぁ…と思っていたら、なんと全米のチャイニーズレストランのTop 50に入っていた模様。

しかも、堂々の(?) 第34位!

ちなみに、ノースカロライナから選出されたのはこのお店のみ。

“34. Gourmet Kingdom, Carrboro
With more than 150 dishes on the menu, Gourmet Kingdom doesn’t lack in variety. Prices average around $15 per dish, but you get a hearty amount, so drag along friends.

The lunch special is a steal, with choice of appetizer (the eight-piece dumpling order is a good option) paired with an entree such as the highly recommended take on the old standby kung pao chicken. “

引用元はこちら!

で、このお店。厳密には四川料理店なんです。

四川料理はただただ辛い!というイメージですが、実はかなり奥が深い。

日本料理の味覚とは対極をなす、以下の7つの味で成り立っているんですね。

酸味、辛味、痺れ、苦味、甘味、香り、塩味。

辛いのが苦手な方は、オーダーする際にマイルドにして欲しいとお願いするのがお勧め!

富士子ちゃんは迷わず、中華料理店では必ず麻婆豆腐。

(c) Fujiko

麻婆豆腐大好き!

量が多いので、みんなでシェアしたりお持ち帰りにしたり。

一つ注意すべきは、四川の麻婆豆腐は日本の麻婆豆腐とは全くの別物。

日本の麻婆豆腐は、料理の鉄人で有名になった陳建一さんのお父さん、陳建民さんが、日本人の味覚に合うようにアレンジしたものなのです。

本格派麻婆豆腐には、四川料理の特徴である”痺れ”が前面に出なければならないので、その痺れのもと、” 花椒 ( ホアジャオ、四川山椒 )” がふんだんに使われます。

グルメ・キングダムではそうでもないんですが、ニューヨーク中華街の本格四川料理店なんかに行くと、唇が腫れてしまうかという位にビリビリと猛烈に痺れます!

日本の麻婆豆腐をイメージして注文するとガッカリしてしまうかもしれないですが、この麻婆豆腐に慣れると、逆に日本風麻婆豆腐では物足りなくなってしまうのでご注意を ^_^;

また、豊富なメニューを売りにしているだけあって、様々なお料理が楽しめますよー。

(c) Fujiko

巨大なポークシャンクの煮込み。熱々!

(c) Fujiko

冷菜の四川風ピリ辛コンク貝。食感が楽しめ、ピリ辛でやみつきになる美味しさ。

(c) Fujiko

白身魚の姿揚げ。たっぷりの餡はご飯にかけて食べてもいい感じ

(c) Fujiko

もちろん麺類メニューも豊富。これはスパイシー・ビーフヌードル

(c) Fujiko

白身魚、エビ、たけのこ、トマト、きのこがたっぷり入った三鮮麺。英語ではThree Flavor Noodle

そうそう、ずっと前の話ですが。

“本日のスペシャル”ということで挑戦してみた「臭豆腐」。

世界で1、2を争う臭くてまずい食べ物とも、世界で1、2を争う美味しい食べ物とも言われている、あの臭豆腐。

一体どっちなんだろう。自分の舌で試してみたい!という好奇心から注文してしまいましたが…

ニオイが強烈すぎて、一口も食べられなかった
:(;゙゚’ω゚’):

お店の方が「お持ち帰りする?」と言ってくれたけど、それも無理でした。。

どれだけすごいんだと臭豆腐に興味を持った方は、是非チャレンジしてみましょうー♡

Gourmet Kingdom
301 E. Main St., Carrboro

(41): 歓喜 カンキ アメリカンなお寿司

KANKI Japanese Restaurant ダーラム店は、I-40を#270で降りてすぐ。

ご存知でした?オープンがなんと1972年!

今回は、開店から45年を迎えた有名店、歓喜さんへ。

(c) Fujiko

お店の外観 ちょろちょろちょろ…と流れる水の音が良いのです。

重い木の扉を開くと、アメリカ人が大好きな鉄板焼き”Hibachi”のセクションが左側へ広がります。

お寿司が目当ての富士子ちゃん御一行は右側へ。

熱帯魚が優雅に泳ぐ水槽の先に、寿司バーがあります。

どのお店に行っても握りばかり頼んでしまう癖があるのですが、今回は趣向を変え、思い切ってアメリカンなお寿司にトライ!

郷に入っては何とやら、ね。

その人気ナンバーワンが、こちら。

じゃじゃーん!

(c) Fujiko

色とりどり!鮮やか!

「はい、レインボーロールです」

もー、びっくり。綺麗ですよね!

しかも薄めに切ってあるので、見た目より食べやすい。

切り口によって味の楽しみが変わるのでレインボーロールとは、よく考えられたネーミングだわね~(*゚▽゚*)

中にはカニカマが入っています。

見た目のインパクトもあるので、女性だけではなく、小さいお子さん達にも人気でしょうね。

そして二品目がこちら。

(c) Fujiko

これまたネーミングセンスが光る!

「はい、スパイダーロールです」

レインボーロールの様に色彩の強烈な派手さはないものの、スパイダーという名前の通り、好奇心をかき立てられる雰囲気を醸し出している点では互角の戦い。

この巻き寿司には、揚げたソフトシェルクラブが入っていて、蟹の脚が蜘蛛の足に見立てられている、という訳なんですね。

しかもこの蟹さんがまた、アツアツ、パリパリ、かつ柔らかくて美味しい!

これは特に男の子なんかに人気があるんじゃないかな。富士子ちゃんは端っこの脚が出ている所を食べるのに苦戦したけど、すごく美味しかった!

うん、なかなか面白い経験をしました。

(c) Fujiko

布袋様、また来ます

Kanki
3504 Mt. Moriah Road
Durham, NC 27707

(39) 海老ちゃまアレコレ

アレ?

いつの間にか9月になってるしΣ(゚д゚lll)

そういえばここ数日、涼しくて過ごしやすいし( ゚д゚)

夏、いつの間にか終わっちゃった…?

蝉の声の代わりに、外から聴こえてくるのは秋の虫の声。

静まり返った夜、森の中から絶え間なく聴こえてくる優しい虫の音。

りん、りん、りん、りん。

綺麗だなぁ(*´-`)

ということで(?)、今日は、超新鮮な採れたてジャンボ海老ちゃまfromノースカロライナ近海、をゲット!

わーい。

海老ちゃまが包装されていた新聞紙を開いたら、トランプ大統領の記事が出てきた。 "Buy American, Hire American"だって。富士子ちゃんは "Buy Japanese, Eat Japanese"だな(≧∇≦)"(c) Fujiko
©Fujiko

海老ちゃまが包装されていた新聞紙を開いたら、トランプ大統領の記事が出てきた。
“Buy American, Hire American”だって。
富士子ちゃんは “Buy Japanese, Eat Japanese”だな(≧∇≦)”

かちっ。着火。 ホントは炭火で炙りたいところだけどね。(c) Fujiko
©Fujiko

かちっ。着火。
ホントは炭火で炙りたいところだけどね。

海老ちゃまの甲殻は、焦げると香ばしい香りを醸し出して… (*´꒳`*) (c) Fujiko
©Fujiko

海老ちゃまの甲殻は、焦げると香ばしい香りを醸し出して… (*´꒳`*)

以上、この海老ちゃまの胴体は、そのまま塩やレモン汁などで自然のほのかな甘みを感じながら頂きます…!

ぷりっとした食感がたまらない^^

食べきれない分は冷蔵庫へ。ぶつ切りにして翌晩のおかず、酢の物に変身♪

もちろん頭も活用^^
捨てるなんてもったいない。

活用其の一 片栗粉を打って、カリッと揚げ焼き。 最近ハマってる沖縄の塩をパラっと振って、レモンはお好みで。 さくさく、ぱりぱりした甲殻の食感と、ジュワッと広がる海老味噌のハーモニー(笑)(c) Fujiko
©Fujiko

活用其の一
片栗粉を打って、カリッと揚げ焼き。
最近ハマってる沖縄の塩をパラっと振って、レモンはお好みで。
さくさく、ぱりぱりした甲殻の食感と、ジュワッと広がる海老味噌のハーモニー(笑)

活用其の二 丁寧に取った鰹出汁、酒などと合わせて… (c) Fujiko
©Fujiko

\

活用其の二
丁寧に取った鰹出汁、酒などと合わせて…

めっちゃ美味しい! 目指すは、子供の頃にお寿司屋さんで飲んだ海老頭のお吸い物。 岩海苔やミツバも入れたかったけど、手に入らないから仕方ないね。(c) Fujiko
©Fujiko

めっちゃ美味しい!
目指すは、子供の頃にお寿司屋さんで飲んだ海老頭のお吸い物。
岩海苔やミツバも入れたかったけど、手に入らないから仕方ないね。

季節は秋!

身近なもので食欲の秋を満喫したいものですね♪ (*´︶`*)

(38) シャーロットで冷やし中華を

ノースカロライナにまたまた暑い夏がやってきましたねー。

今回はトライアングルを離れてシャーロットへ。

遠くに住んでるお友達が、飛行機で移動中にシャーロットで乗り換え。

一緒にランチしよ?ということでやってまいりました♪

富士子ちゃんのラーメンフレンド、グルメなFayさんもおススメのお店「フトブタ」です。

2度目の来訪ですが、安定の美味しさだなー。

©Fujiko

向こう側はとんこつラーメンで、手前はしょうゆラーメン。ネギだけでも、白髪ねぎに小口切りに炒めネギと3種揃い踏み。

丁寧さが伝わってきて好印象(^ν^)

©Fujiko

こちらは夏季限定の冷やし中華です〜!
いわゆるレモンだれ系ではありません。
お酢”も”効いたピリ辛味で、汁少なめの変わり冷やし中華といった感じ。

辛いけど、暑い夏にぴったり&やみつきになりそうなお味。

温泉卵がとろーりとしてるのもうれしい!

©Fujiko

これはお友達が飲んだ沖縄のオリオンビール。
アメリカでは珍しいかも。

このお店、ラーメンやビールだけでなく、ちょっとした握りとか、居酒屋メニューなんかも程々あるんです。

面白い日本酒もいろいろ揃えているので、夜に来たら絶対楽しそう!

こぢんまりしたお店だけど、雰囲気も良いし、ね。

今度は夜に来たいね、ってお話して、お友達を空港へ送り届けた富士子ちゃんでした^^

またねー٩(^‿^)۶

Futo Buta
Bland St Light Rail Station
222 E Bland St
Charlotte, NC 28203

(36): 撃沈… Sake Bombのフォー

時々、フォーの気分になる事ってないです?

その日の富士子ちゃんがそうでして。

遅めのランチ。フォーを食べたい!

でも、ランチとディナーの間の中途半端な時間帯(=殆どのお店は休憩時間中)だし、よく行くお店は定休日。

ラーレー、キャリー、グリーンズボロ辺りに行くには距離がある、となるとここしか無いか。仕方ない。。

ダーラムの「サケボム」…

サケボムとは、日本酒を用いたカクテルの名前なんだけど、こういうネーミングセンスってアメリカンには好まれるのでしょうねぇ。

過去に何度かお寿司を食べに行って、行く度にガックリしてお店を出る…というのを繰り返している富士子ちゃん。

もう行かないと決めていたのに、お寿司はダメでもフォーは美味しいかもしれない…という淡い期待を寄せて ∩^ω^∩

淡い…期待…

淡い…期待が…

(c) Fujiko
©Fujiko

無言になった富士子ちゃん…

見事に砕かれてしまいましたぁぁぁぁ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

メニューにわざわざ書いてあった、香草の付け合わせはありません。。

ひとつかみのもやし、バジル、ネギがスープに申し訳程度に浮かんでる…だけで、薄切り玉ねぎも入っていないし、勿論ライムも唐辛子もありません…(´-`)

写真では大きく見えるけど、ヌードルの量もかなり少なめで、スープは良く言えばあっさり味(-.-;)

これで$12は高すぎるでしょ… はぁ。

(c) Fujiko
©Fujiko

昼間はガラガラですが、夜になると混むのだろうか

まぁでも、Yelpでは四つ星が付いているこという事で、やはりYelpは当てにならないなぁと思った次第。

今回は富士子ちゃん撃沈の巻。お勧めしないレストラン情報、でした、、うゎーん 。゚(゚´ω`゚)゚。

Sake Bomb
4215 University Dr, Durham, NC 27707

(35): タコちゃま!

高いお料理は美味しくて当たり前(高くて不味いのは論外)だと思うの。

富士子ちゃんが好きなのは、安いのに美味しーいものを見つけること。

近くの畑で採れた野菜の直売所、大好き。

ファーマーズマーケット、大好き。

個人経営の魚屋さん、大好き。

そんなこんなで今回登場するのは…

なんと!

生きている蛸(タコ)ちゃま!

冷凍の蛸ちゃまはアジアンマートやハリスティーターなんかでも買えるけれど、生きている蛸ちゃまの入手は初めて!(*゚∀゚*)

まっくろに汚れているタコちゃまの体を優しく… いやいや、ここは心を鬼にして(`・ω・´)塩でごしごし、もみもみ。

美味しくなれー。美味しくなれー。

40分位何度も水を変えながら、タコちゃまの体から汚れが出なくなるまで、念入りにもみもみ。

さすが新鮮!と思ったのは、脚の吸盤がピタピタあちこちにくっつくの。
おもしろーい(^ν^)

(C) Fujiko ぴかぴかに綺麗になったタコちゃま。
©Fujiko

ぴかぴかに綺麗になったタコちゃま。

さあ、綺麗になったらここからが重要です。
グラグラに煮えたぎった熱湯の中へ!

(C) Fujiko まさに、茹でダコ…:(;゙゚'ω゚'):
©Fujiko

まさに、茹でダコ…:(;゙゚’ω゚’):

(C) Fujiko みるみるうちに赤くなっていくー。
©Fujiko

みるみるうちに赤くなっていくー。

(C) Fujiko 熱が通り過ぎないように、絶妙のタイミングで取り出したらば、すぐに氷水へ。
©Fujiko

熱が通り過ぎないように、絶妙のタイミングで取り出したらば、すぐに氷水へ。

(C) Fujiko ぴかーっ! 美しいタコちゃま!
©Fujiko

ぴかーっ! 美しいタコちゃま!

お味はというと…

もう最高〜!

タコちゃま独特の歯応え、歯ざわりを楽しめつつも、もちっとした柔らかさも兼ね備え、かつ、中心部は半生なので、とろりとしたなんとも言えない甘みが。

(C) Fujiko お、美味しいー(´;ω;`)
©Fujiko

お、美味しいー(´;ω;`)

(C) Fujiko
©Fujiko

ノースカロライナで新鮮お魚生活を堪能できて
幸せな富士子ちゃん、でした(≧∇≦)

(32): M Sushi @ Durham

今回はトライアングル地区のお寿司屋さんとしてはかなり高級な部類?に入るM Sushiへ(^.^)

ラーレーのモダン日本料理店、SONOの姉妹店です。

(c) Fujiko
©Fujiko

オープン時は行列ができて、予約なしでは入れませんでしたが、今回は週末のディナータイムの飛び込みでもすんなり入れました。ラッキー!

ドアに近づいただけで、お店の中から黒服の男性がドアを開けて下さって、大変丁重なサービス。

へー、びっくりです…

残念ながらカウンターは満席で座れず、奥のテーブル席へ。それにしてもウェイターのサービスの丁寧なことと言ったら。かなり良い接客です。

店内は程よく暗く、落ち着いたシックな色合い。

(c) Fujiko
©Fujiko

器にもこだわっている様で。熱燗もこんな素敵な徳利とお猪口で出てきました⊇

ちなみに、枝豆の殻を入れる器も半分程いっぱいになったタイミングで、また新しい器を持ってきてくれるという気配り様。ここまでしてくれるお店って、この辺りにはあまりないよねぇ。

(c) Fujiko
©Fujiko


これはChirashiです。かなり斬新(*_*) まぁ、素材は良かったですよ。

(c) Fujiko
©Fujiko

こちらはお寿司セット。

結構小ぶりなので女性には食べやすい大きさです。ネタもなかなかなもの。丁寧な仕事を感じますが、それにしてもちょっとお高いかなぁ…

接客の良さ、雰囲気の良さを鑑みると、このお値段は仕方ないのかしらね…

まぁ、ビジネスやデートで使うお店としてはとってもお勧め!という結論が出たところで…

M Sushi
311 Holland St Durham NC 27701

(30): ペリカンズ・スノーボールズ

残暑が続く中、皆さまお元気にお過ごしでしょうか?

今回は気分を変えて、かき氷屋さん”Pelican’s SnoBalls”へ♪

ノースカロライナ州内あちこちにお店があるので、ドライブ中に目にした事があるかもしれませんね?

レトロチープな感じで、老若男女に関わらず、人気のあるお店です。おじいちゃん、おばあちゃんグループがテーブルを囲んでまったりとかき氷を食べているかと思えば、子供向けの遊戯コーナーもあるので、子連れファミリーで賑わったりしていることも。

(c) Fujiko
©Fujiko

ご覧の通り、シロップは100種類以上。迷ったらルーレットで選ぶこともできます、笑

別料金でかき氷の中にバニラアイスクリームを入れてもらったり、練乳、生クリーム、マシュマロ、チョコシロップ、色々とトッピングしてもらうのもOK!

ワンちゃん用のかき氷もあるので、愛犬と行くのも楽しそう〜。

(c) Fujiko
©Fujiko

お店の中にずらりと並ぶシロップの数に吃驚((((;゚Д゚)))))))

(c) Fujiko
©Fujiko

富士子ちゃんはグァバ味を。

全然グァバの味がしなかったけどねー、まっいいか (=´∀`)

一番小さいサイズで2ドル。これで充分。今回はお友達がくれた、ペリカン通貨で支払いました♪

ちなみに、店先で20ドルを25枚のペリカン硬貨と両替できます。ペリカン硬貨は1枚1ドルとして使え、使用期限もなければ、どのペリカンのお店でも自由に使えるのでお得ですよ(^-^)

お店のロケーションはこちらでご確認を。

あ、激甘なので、注文する時に「シロップは少なめでお願いします」と言うと良いと思います。

異性化糖(high- fructose corn syrup)ではなく、きび砂糖を使用しているのが救いではあるものの、とにかく甘いです…

アメリカのかき氷を味わいたい方は是非♡